電気の工作

ハト時計 改造

夜間鳴り止め(というか単なるON・OFF)がスイッチ式のハト時計、毎日毎回スイッチの切り替えは面倒なのでずっと止めていた。CDSが余っていたので日中・夜間明るさ検知してリレーで切り替える回路を組んでみた。

電源はニッケル水素充電電池5個で約6.0Vです。5Vのリレーを駆動するの4で4本ではダメでした。ブレッドボードがピッタリ収まった。

組み込んで動作確認です。”夜間”は真っ暗ですが、ボリュームで調整可能。

関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。