電気の工作

サンタクロースの修理?(最近バイクネタが無くてゴメンナサイ)

Featured Video Play Icon

不用品を売りに行った OFF HOUSE で面白そうなサンタクロースを発見。店員さんに頼んで動かしてみたら1台がメロディーは鳴るが動かない。1台800円でしたが交渉して2台で1,000円にしてもらい購入。背中を切開して手術し治りました。

怪しげな写真の続きがあります。

このサンタ黒人だったんだー。体は開けるところがないので、たぶん製作時はメカの付いた肩から上の部分を胴体に入れて作っていると思われます。上着を取るのは大変そうなので胴体を切開した。薄くて柔らかいプラスティックなのでハサミで切れました。

切りやすいので背中を切ったら場所は正解でした。でも電線も切ってしまった。原因はよくわかりませんでしたがギヤーボックスにプラスティック用のグリスを付けたら動くようになりました。自分で使うものなのでこれで良しとします。

”縫合”のほうが大変。瞬間接着剤では頼りない。

グルーガンで補強して完了。ここも自分用なので”これでヨシ”。

0
関連記事です

POSTED COMMENT

  1. urara より:

    季節ネタで(^◇^)
    孫が喜びそうです!
    これ聴きながら一杯やったら悪酔いしそう( ̄▽ ̄)

  2. Eagle より:

    uraraさん
    時期的にぴったりですね。2台同時に電源を入れたので微妙にずれてきて、おかしな感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。