電気の工作

ウインカーリレー修理

ICウインカーリレーを差し上げた方から現物が返ってきました。ウインカーが点灯したままになるということです。参考のためにお手数をおかけして送っていただきました。蓋のトランジスターの部分が熱で膨らんでいますね。

開けてみました。やはりトランジスターのD-S間がショートしています。でもここまで熱を持つものか、?です。

トランジスターを交換して

ピンボケですが治りました。ウインカー回路かどうか分かりませんがショートさせたそうです。でもそのくらいでリレーが壊れるのもいけませんね。今後の課題でしょうか。

自分のWに取り付けて様子を見てみるつもりです。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    Trのショートですか!? そもそものヒューズ断ですが、リレーが原因?それともハーネス等が第1原因で2次的にリレー破損?・・・この辺の悪さ順位が今一わかりません(≧▽≦) 管ヒューズが結構激しく溶断していた模様ですが・・・。リレーは丈夫に越したことはないですね、頑張って下さい(^◇^)

  2. Eagle より:

    uraraさん
    Trのショートが原因でヒューズ断ではないと思います。このTrはスイッチとして動作しますのでショートすれば負荷(ランプ)が点灯したままになります。
    激しいヒューズ溶断時の何らかの影響でTrが壊れたのではないか、…と思います。
    そろそろ箱根に向けて出発でしょうか、お気をつけて移動されてください。私は体調イマイチで今回も多分欠席です。残念です。

  3. 小林さん より:

    本当に申し訳ありませんでした。

    • Eagle より:

      ありがとうございます。全然気にしていませんので、ご安心を。今は自分のWに取り付けて、今後のための良い教材になっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。