電気の工作

ペンタブレットのペン修理

娘が仕事で使っているペンタブレットのペン。最近芯が引っ込んでしまう、との事で修理以来です。

買っても2,000円台なので壊してもかまわないという前提で・・・。

分解してみると芯と反対側(消しゴム)から小さなスプリングが飛び出した。この後基板を引っ張ると芯の部分まで外せます。

芯側、異常なさそう。

消しゴム側、どちらもコイルの中が動くようだ。

原因はケースの割れでした。8年程ほぼ毎日使っていればこうもなるでしょう。

とりあえずこれで使ってもらい、再発したらケースごと接着ですね。(左右反対に撮影してしまいました、左が消しゴム側)

なんとこのペンは電源がありません。興味深い技術です。

関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。