電気の工作

ラジカセ ブルートゥース対応改造実験

二年位前古いラジカセを何台かオークションで買いました。FM放送が 108Mhzあたりまで受信可能でテレビの1~3CHの音声が受信できるセットです。現在はデジタル放送になりFM補完放送でAMラジオ局が聞こえます。余分に買っておいたAitrndの基板を組み込みました。ブルートゥース時の表示ランプは当然青です




このラジカセはカセットが不動です。モーターが不良のようです。このモーター用電源を利用して、再生ボタンお押してブルートゥース(以下BT)オンさせます。

外部入力・ラジオ・カセットの切り替えスイッチのパターンを追いかけてカセットの入力を見つけて・・・。

BT基盤と電源基盤を組み込みます。

セレクターを”BT”にして、

”BT”オン。(別に順番はありませんが)

今回使用した電源基板は下の物です。上の(かなり)適当に作った5V電源はノイズばかりで使えません。

Amazonで5個入り869円です。1個当たり174円、安っ!。充電器となってますが電源として使いました(多分問題はないとおもいますが…)。

BTに切り替えると独特のノイズが幾分大きくて、今回は失敗でしょうか。




関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。