電気の工作

スマホ充電

スマホの充電器第二弾。

以前に作った充電器はオムロンのタイマーを組み合わせて作りました。しかし、タイマーを他に使ってしまい使用できなくなりました。そこで部品箱にゴロゴロしているNE555で作ってみました。

10時間放電して2時間くらい充電、とアバウトなのでNE555でも十分かと思います。こちらのHPを参考にさせていただきました。抵抗値・容量を入力すると周期やデューティー比が求められます。R1=6.8MΩ(実測:7.08MΩ)・R2+R3=2MΩ(実測1.958MΩ)・C1+C2=3300+2200μFで、TH=10時間 TL=2時間くらいになりそうです。

ブレッドボーでで制作しました。10時間も見ていられないので実際にスマホにつなぎバッテリー充電のアプリでチェックします。多分抵抗値を若干変更するようになると思いますが。
スマホは以前はインターネットラジオ専門にしていいましたが、途切れることがあるので最近はMP3を再生しっぱなしです。CD数十枚をランダム再生で24時間トランスミッターで飛ばし家中でFM受信できます。(ソーラーで電気代かからないし)

関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。