電気の工作

工作用電源器製作#2

電源器の製作、続きです。24Vの電源は、熱伝導シリコングリスを塗ってビス止め。DCDCコンバーターは側面に取り付け。それぞれ箱に収める前に配線しておきます。




電圧調整は10回転のポテンショメーター(水色の部品)、(それほど必要ありませんが)微妙なセットができます。でもこのシャフトが問題で、インチサイズなので6.3㎜です。(1/4inch=25.4㎜÷4=6.35㎜)ふつうはミリサイズで6.0㎜です。ふつうのつまみはつけられないので6.5㎜のドリルで穴をさらいました。

底板の加工、箱は厚さ1㎜だったのに底板は厚さが1.5㎜で穴あけ大変。

中古品のゴム足をつけて、完成。


W1のウインカーバルブを点灯。2A流れると本体が暖かくなってきます。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    完成しましたね!
    W1SAのウインカーって23W×2+3.4W・・・約4アンペア以上流れるんじゃないのかな~??

    • Eagle より:

      23+23+3.4=49.4〔W〕
      49.4〔W〕÷12〔V〕=4.11〔A〕
      正解!
      上の写真は少し表示がおかしいですね。いずれ調整してみたいですが、とりあえずは”目安”のメーターで我慢します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。