電気の工作

セレクターの製作#2

先日組立てた基板を使っていよいよセレクターの組立てです。何とか終わりました。

パネルの左側、穴がたくさん開いていたのでビスやダミーのツマミでひたすら隠す。友人からお借りしている真空管メインアンプを使っているので下のテクニクスSU-V7A は出番が無くなった。

パネル右側、今回の”ウリ”はヘッドホン端子があること。将来購入予定の真空管アンプにはヘッドホン端子が無いものが多い。

内部の様子、気ままに作ったので配線はしっちゃかめっちゃか。電線の色・太さも廃物利用なので適当。
入力切替はセレクトスイッチでリレーを動かしています。端子の近くで配線できるのでシールド線を使わなくても”ハム音”は出ません。シールド線の端末処理は面倒なのでこうしました。リレーが並んでいるのもかっこいいし??。

フォノイコライザー基板の周り。こちらはシールド線です。プラケースに入っているのがヘッドホンアンプ、840円で買いましたが殆ど使っていなかったのでやっと出番が来てよかった。でも急遽組み込んだので電池式のままです。1年以上は持つと思いますが・・・。
入力切替が1と2に分かれているのは単純に部品(スイッチ)が無かっただけ。7回路切替ですが、4回路・3回路のスイッチ2個でまかないました。
切替回路・フォノイコライザー共に快調です。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. urara より:

    これは芸術品ですネ~。
    フォノイコライザーの音質に違いはありましたか?
    *LED取り付けました。機能OKです!
     チャージの色ですが、オレンジ系から多少ピンク系になった感じです。

  2. Eagle より:

    uraraさん
    LEDランプ”機能OK”、ありがとうございます。チャージランプの色ですがLED自体明るいし白色LEDは赤成分が少ないなめと思われます。
    LEDを変えて、いろいろ実験してみます。レポートありがとうございます。
    セレクターの配線はお恥ずかしい、あえて掲載しました。イコライザーの音質はLPを1曲確認しただけなので『良くわかりません』です。
    この回路は『NF型とCR型の良い処を合わせ持ったハイブリッド方式とDCサーボを併用』との事で音質良さそうです、が私の耳では・・・。

  3. 小林 より:

    さすが!

  4. Eagle より:

    小林さん、配線状態はひどいです。でも音はまともにきれいに出ているので、良しとしました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。