電気の工作

炊飯 お助けタイマー

炊飯は圧力鍋を使っています。2~3合しか炊きませんが加熱時間は7,8分で、省エネかと思います。しかし加熱のタイミングが少しシビアです。
①火力”5”でも”6”でもいいので圧力調整おもりが暴れだすまで加熱。(ウチのコンロの場合)
②おもりが暴れだしたら火力を”2”にして
③4分で加熱終了。【このタイミングを忘れる・分からなくなる
④10分間蒸らす。【この時間も分からなくなる】

そこで製作、”炊飯お助けタイマー” 使いずらいブレッドボードが余っていたので今回はこれに配線。2枚使って余裕です。

これがあれば時計をチェックせずにご飯が炊ける。操作はワンタッチ!  
②のおもりが暴れだしたらタイマーのスイッチを押す。加熱をやめる・蒸らし終了 のタイミングを(ブザーが)教えてくれます。
このタイマーの”素晴らしいところ??” は待機電力がゼロという点です。スイッチを押してリレー(中央右の大きいの)を自己保持させPICを動かし、最後に別のリレー(左の小さな黄色の)で自己保持を切ります。

後日(ダイソーの?)ケースに入れて設置です。ブザーでなくここで使った録音再生基板で音声を出してもいいんですが、たぶんご飯がまずくなるかと…。

関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。