電気の工作

リレー 入荷・交換

電材販売会社に注文していたリレーが届きました。

アンプには当然”MATSUSHITA”製のリレーが付いていましたが、オムロンで形もピン配置もほぼ同じ物があったのでこれを利用。昨夜交換しました。

180度ずれて撮影してしまった。同じ形です。

仮付けの時に撮影、黄色枠の部分です。終了後音を出しましたが小音量時の音のかすれがなくなりとても良くなりました。

ご参考に、
アンプ:Technics SU-V7A (SU-V7も同じか?)
リレー:MATSUSHITA JC2aDJ-DC24V
互換品:OMURON G4W-2212P-US-TV5-DC24V

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. urara より:

    凄いですネ~、音のカスレ原因がそのリレーだってどうすれば分かるのでしょう?凄い!代替部品探しも、基盤への半田付けも、プロですよね。

  2. Eagle より:

    電源ONして少し遅れてリレーがONします(スピーカー保護のため)。
    年数がたつと接点不良になり片方音が出にくくなったりします。ボリュームつまみを少し回す(上げる)と回復しますね。
    音量を上げる(電流を流す)と幾分汚れた接点も信号が通るものではと思います。昔のVHSビデオでもありました。
    また、エキパイフランジ落とせませんでした。9,000円以上では手が出ません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。