日常

昔のステレオラジカセ、落札!大迫力!

先日ネットオークションで落札したステレオラジカセが届きました。

昭和53年(1978年)の シャープGF-303SB です。目立つ傷や汚れは泣く全体的にとてもきれいです。カセットは回りませんが使う予定はないので問題外。

すごい迫力です。カップ酒のコップが小さく見える。当時の>価格69,500円。650RSの販売が終わったころでしょう。当時の650RSが363,000円だからこのラジカセ高価だったんでしょうね。

この機種を選んだ理由は①FMがワイドバンドなこと。最近FMの90MHzより上で放送されています。東京では民放3社が放送を始めました。これを受信したかった。②フォノ入力があること。

フォノ入力あります。レコードプレーヤーが再生できました。背面にライン入・出力端子、外部スピーカー端子もあり完璧。

上面左側。ツマミ類もきれい。

上面カセット部分。再生・早送り などできませんが、モーターは回っています。たぶんベルと切れと思います。録再ヘッドは手で触った感じではあまり使っていないようです。簡単に直りそうです。

上面右側。こちらもスイッチ類はきれい。

と、思っていたら左のメーターが動かなくなった。

とにかくカセット以外の動作は正常、外観はきれい、よくあるロッドアンテナの曲がりもなく、大満足の一台でした。

関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。