日常

フルサイズコンポ FMチューナーは絶滅危惧種?

オーディオ機器は10年ほど前ラックごとすべて処分し、数年前から少しずつ集め始めています。適当に買っているのでパネルがブラックやシルバーが入り乱れています。最近ブラックパネルはボタンや文字がわかりずらくなってきたのでシルバーに統一を考えています。上のチューナーは白い紙を貼ってあるボタンを押すとプリセットメモリーがくるってしまうので、なおさら使いにくい。




先日イコライザーを交換、後はチューナーだけになりました。条件は”FM補完放送”が受信できること、できれば選局つまみがあること。新品を検索するとYAMAHAの2機種しかありませんでした。ミニコンポを含めてもFM/AMチューナーはあまりありません、もう絶滅危惧種なのでしょうか。入れ替える前のイコライザー。ハードオフで1,000~2,000円位でした。

古いラジカセはテレビの音声が受信できるワイドFMバンドがたくさんありましたが、コンポのFMチューナーはほとんど90MHzまで(のよう)です。オークションで古いチューナーは諦めてこれしかないのか。
10/6 最終的に中古でも評判の良いSONYのSA-SA5ESにしました。整備・調整済みを買いました。音質は良いし、操作面でも快適で経過年(1995年)は感じられません。しかし何年使えるか保証はありません。
ワイドFM対応機種一覧




関連記事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。