カワサキW1

純正連結エキパイに交換。

初年度登録昭和47年6月、昭和50年個人売買で中古を購入、完全ノーマルでした。その時のエキパイを保存していました。今回復活です。エキパイフランジは売却してしまったので今回またオークションで購入、でも何か違うような。

本来は黒ですが。

シリンダーヘッドはフィンが10枚でボルトの取付部分が横に残る”前期”のSAと思いますが、前期は連結エキパイではないのが一般的。調べるとW1SAは昭和46-48年が生産年のようです。47年6月が登録ですからちょうど真ん中、前期のエンジンに後期のエキパイ・前期のマフラー(ダイコンでない)が付いた感じでしょうか。
分割カラーの取付はこのはずがが、これではエキパイが固定できない。

エキパイフランジの比較。左が連結用、フィンの立ち上がりが少ない。右の方がかっこいい。

分割カラー、片方にボルトを逃げる切り欠きがある。以前の純正はなかったはず。

思い出しました今回買ったフランジはW3の物でした。だから若干違うのだ。肝心の排気音はかなりマイルドになりました。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. urara より:

    取付終わったようで。
    フランジ部の構造は良く分かりません・・Sしかイジラナイので。レプリカ含めて色々出回っているのかもしれませんね。実用問題無しならOKでしょうか(^◇^)
    SA後期のヘッドなら、バルブシートが無鉛対応、バルブステム径も7mmに変更されて機能アップ?していると思います。ヘッド外側は前期で中身は後期・・K社得意の在庫は無くなるまで使いきるパターン(・・?

  2. Eagle より:

    uraraさん
    この辺りの部品はいろいろ有るようでよくわかりません。W1SA後期は無縁対応と聞いていますが何がどう違うのやら、…バルブ周りが違うんですか(と言われてもピンとこず、すみません)。
    たぶん形状の異なるW3の部品で取付できましたが、SAの取外し部品を処分しなければよかったと、今は若干後悔です。また気長にSAの部品を探します。

  3. TWN より:

    こんばんは(^^)/
    ブレーキシューとか力仕事等もすごいですね!
    私の方は電子工作、どんどん部品が小さくなって
    こちらも大変です、裸眼では部品の名称さえも
    分からず、老眼鏡の3.5で頑張っています(^_-)-☆

  4. Eagle より:

    TWNさん
    ありがとうございます。W好きなんですけど機械の方はどうも難しくて…。諸先輩のご指導に従っています。
    ブログ拝見してますよ、結構細かいことをこなしていますね。またお話聞かせてください。11/24か11/25に、
    宜しくお願いします。
    追伸、せっかく送っていただいた招待状、行けませんでした。ごめんなさい。

  5. TWN より:

    了解しました、また日程打ち合わせをお願いします。おやすみなさい(^^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。