電気の工作

真空管アンプ OPT交換 2回目

家に引きこもりアンプのことをいろいろ調べていると、出力トランスの面白い記事がありました。こちらです。低域の質感が全く違うそうです。秋葉原のノグチトランスは2018.09に閉店しましたので現在はゼネラルトランスが引き継いでいるようです。
上の写真、左がTU-870純正トランス。右が今今回購入したPMF-6WS です。だいぶ大きいですが、うまく取付できるか。





トランス2個と送料で9,950円でした。

3個並べてみるとこんな感じ。純正・春日無線KA-5730・PMF-6WS。KA-5730は1次側電流がギリギリで気になっていました。

取り付けは前回と同じように後ろの穴の固定は電源トランスカバーと共じめ、前の穴は新規にあけました。赤の矢印の穴を使います。緑の矢印は純正穴です。電線貫通穴が小さいので少し大きくします。安物の工具でも十分使えます。


取り付けました。

矢印が今回あけた穴です。トランスが左右出っ張っていますが、”立派!” ”存在感ある!” とプラス思考でいきます。

荷物を受け取ったのが午後だったので、今日はここまで。明日に続きます。





 

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    お~、トランスお化け状態ですね。
    サイズに比例して響き加減もデカクなることを期待しています(^◇^)
    コロナに制圧されないよう散歩替わりバイクです!

    • Eagle より:

      おはようございます。
      早朝から続きをやりまして、少し前に終わりました。今視聴しています。劇的な変化はありませんが噂の通り低域が良くなった(伸びる?出る?)感じです。小さいアンプなのにとても重くなりました。

      コロナ、お気を付けください。こちらは今日明日は買い物(食材)で外出予定、気を付けます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。