古いバイク

モペッドにウインカー①

先日の”モトベカン”、ウインカーもストップランプもないので少しづつ工作していきます。電源は余分に買っておいたソーラー モバイルバッテリーを使うことにしました。上の写真で右の白いケースの中がDCDCコンバーターです。5Vを12Vに市昇圧しています。その下の黒いボックスは”専売特許”?のICウインカーリレー。緑の代用ウインカーランプはなにかの表示用に作ったランプ基盤でっす。




右のランプも。

今回犠牲になってもらったUSBコード、外観は太いが芯線は細いですね。


このコンバータ最大出力電流は4Aですが、試しに18Wのバルブを接続したらまともに点灯せず基盤が熱くなりました。出力4Aは信用できないようです。(単純に18W÷12.6V≒1.5A)でもLEDなら問題なく使えます。評価はいまいちですが価格が安いので遊べます。


今回初登場の画面が大きなテスターはこれです。表示が大きいので買ってみました、後日アップ予定。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    Eagleさんなら楽勝でしょう!・・スイッチとレバー連動等のハード構造のほうが面倒でしょうか。
    テスター、直流10A測れる・・・Wのダイナモ発電Aも可?・・ホシイ(^◇^)

    • Eagle より:

      ウインカースイッチ・ウインカーなど物色しています。ブレーキランプも付けたいし。
      とりあえず今週中にナンバーもらってきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。