電気の工作

ラジオ修理①

古い知り合いの方から、ラジオの修理依頼がありました。ラジオと言うか”電蓄”です。普通の5球スーパーと違い、シャーシも大きいしスピーカーも25㎝のダイナミック型で立派です。マジックアイを含めると真空管は10本です。





フロント。メーカー品ではないようです。

故障はラジオもレコードも音が出なくなった、とのことです。プッシュプルの出力管”UZ42”のプレート電圧を確認すると片側が異常(低い)です。原因は出力トランス片側断線でした。コイル部分の紙も黒っぽくなっている。



秋葉原のゼネラルトランスさんに注文。少し大きめですが、何とかなるでしょう。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    レトロ~!Eagleさん垂涎の世界でしょうか(^◇^)
    ST管・・私には素性が分からない真空管(≧▽≦)
    電蓄なんて戦後の真っ只中じゃ~(^◇^)

  2. Eagle より:

    スピーカとアンプ(ラジオ含)だけお預かりしたのですが、本体はかなり大型の電蓄かと思います。ST管はMT(ミニチュア)管の前の時代ですね。Wよりずっと前ですね。
    次回トランス交換です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。