電気の工作

SL-D80 ブルートゥース改造実験

今年の通販初回はこのブルートゥースレシーバー、aitendoで500円です。おもわず2個購入。送料は500円程ですが、電車・バス賃と時間を使っていくよりずっと安いです。





小さな基盤です。電源は5V、ステレオラインレベルの出力です。ピンは7本で5V・GND・L・R・Mute・LED・NC の順です。

電源・出力の電線をつけて・・・。電池(LR44)は大きさ比較様です。

中古プラケースに両面テープで固定。

ラジオキャビネットに、これまた両面テープで固定。

CDプレーヤーの5V電源で動作させているため起動時(切替時)毎回起動音が流れます。JRの駅の音とそっくりです。音量を大きくするとノイズが気になりますが、音楽を再生すれば気になりません。しかし問題点ですね。

動画は2020.01.16更新

この基板は”技適マーク”のない商品ですので、ブルートゥース対応可能かどうかの実験に留めます。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. uraraさん より:

    技があるって良いことですね。送信用の機器も自作でしょうか?
    動画再生NG表示されました(≧▽≦)

    • Eagle より:

      ありがとうございます。
      送信側はとりあえずスマホです。動画は著作権の関係でダメなんでしょうね。Googleミュージックを再生して再度アップ予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)