カワサキW1

廃棄恩サイレンサー 改良

昨日は天気もよく暖かかったので、久々にワックスがけ。

ついでに以前に作ったサイレンサーが不調のため改良を試みたが…。

以前に作った”廃棄恩サイレンサー” 口金が薄いし加工が良くないし何度か使うと、こうなってしまう。

そこでコーヒー缶を普通にねじ込んで使えるようにアダプターの製作です。ホームセンターの水道部品あたりをうろつき、やっと見つけたのがこれ。風呂がまの部品でした。内径がWのマフラーの外径とほぼ同じ。

これを三等分して、1個は予備に。

まず作ったのがこれ、簡単に外れないように少し大きめに引っかかりを作りました。しかしこれがダメで引っ掛けると隙間が開いてしまう。早速予備部品を使ってしまうとは。

再製作

コーヒー缶のキャップを埋め込むためにエンピパイプを使って、

穴を開けたキャップを取り付け。固定は瞬間接着剤です。

完成。

同じ物を二個作って試運転ですが、大問題が発生。左右のマフラーの太さが違い(若干太く・又は変形?)左側は装着できませんでした。パイプを選ぶために太さを測っていたのは右側のマフラーでした。もしかしたら記憶はありませんが昔、別の物を付けていたのかも。
このあたりから急に疲れが出てきて、本日は中止しました。

関連記事です

POSTED COMMENT

  1. 小林 より:

    消音効果はかなりありますか?
    春にはこれが必要になるかもしれないです。

  2. Eagle より:

    小林さん
    ありがとうございます。低音はかなり軽減されます。この方法なら缶の穴あけをいろいろ試せます。以前動画を撮りましたがあまりはっきりしなかったので、また撮ろうと思っています。
    http://w1sa.sblo.jp/article/163787912.html

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。