電気の工作

スリープタイマー

母の寝室用に買ったポータブルラジオ”パナソニック R-2255-S”。感度はいいしチューニングもしやすいです。しかし数日後『このラジオ、自然に切れないの?』、残念ながらスリープタイマーは装備されていません。そこで作ってみることに…。





用意したケースは加工のしやすさ重視でダイソーのプラスティックボックスで、スケルトンに。

気ままに部品を配置。古い携帯の充電器はマイコンの5V電源にします。小さいし重宝します。

ON・OFFの自己保持回路を配線します。切り状態では、ラジオを繋いでいても待機電力はゼロです。(電線が太すぎた)

PICマイコン回路を配線してみると、うまく収まるのか心配になってきます。

何とか収まって

完成です。セレクトスイッチで連続-1時間-2時間-3時間の切り替えができます。マイコンで1秒パルスを60個カウントしそれを60個カウントで1時間としています。テストをしたらほぼピッタリ1時間でした。時間表示のランプは24V用を使用し暗い室内でうすく点滅します。

注)ラジオとこの装置を近づけるとラジオに雑音が入ります。50㎝程離せばOKです。




関連記事です

POSTED COMMENT

  1. 小林さん より:

    親孝行、素敵ですね!

    このタイマーも本当に素晴らしいですね。

    • Eagle より:

      ありがとうございます。
      いつもの調子で、組み立ては気ままにやっているので終わりのほうが大変です。たまには真面目に組み立てないと・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。